【1つはほしい】ワイヤレスイヤホンの選び方のポイントを解説

アオ

みなさん、ワイヤレスイヤホンって使ってますか?

少し前までは、スマホなどにイヤホンのケーブルをさして音楽を聴くのが当たり前でした。

しかし、数年前からiPhoneにもイヤホンジャックが搭載されなくなったこともあり、今やケーブルのないワイヤレスイヤホンを使っている人を多く見かけるようになりました。

たくさんのメーカーから製品が出ているので、どのようなポイントで選べばよいか迷っている方も多いと思います。

今回は、ワイヤレスイヤホンの特徴や種類、選び方の解説と、おすすめの人気ブランドをピックアップして紹介します。

目次

ワイヤレスイヤホンとは?

引用:SONY

ワイヤレスイヤホンとは、スマホやオーディオプレーヤーなどの音楽を聴くデバイスと、ケーブルではなくBluetoothで接続して使用するイヤホンのことをいいます。

ケーブルがないので、通勤中の満員電車や運動中などに、引っかけたり絡まったりする煩わしさがないことで、利用する人が増えています。

Bluetooth(ブルートゥース)とは

無線通信技術の規格のこと。

数メートル程度の近距離通信を得意とし、消費電力が少ないのが特徴です。

オーディオ機器の無線接続はもちろんのこと、パソコンのキーボードやマウスなども接続できます。

ワイヤレスイヤホンの特徴

引用:SONY

ケーブルがないことが最大の特徴であるワイヤレスイヤホンですが、その他にもこんな特徴があります。

メリットデメリット
ケーブルが邪魔にならない
距離がある程度離れても使える
ケーブルの劣化などのリスクがない
充電しないと使えない
他の電波の影響を受けることがある

小さいので落としやすい

充電が必要

有線のイヤホンと違って無線で通信するため、イヤホン自体が電力を消費します。

そのためイヤホン本体にバッテリーが内蔵されているので、充電して使用する必要があります。

デバイスとの距離に制約が少ない

有線のイヤホンでは、ケーブルの長さまでしかスマホなどとの距離を空けられません。

しかし、ワイヤレスイヤホンは機器から多少離れていても通信できるため、使い勝手がよくなります。

通信が安定しないことがある

インターネットなどと同じで、有線よりも無線のほうが接続の安定性が下がりやすくなります

混雑した駅や別のBluetooth機器が近くにあるような場所だと、他の電波の干渉を受けて、音飛びなどが発生することがまれにあります。

近年ではBluetooth技術の向上などから接続性も安定してきており、影響を受けることが少ない製品が増えています。

アオ

有線に負ける点もありますが、ケーブルがないという快適さは強いですよね。

ワイヤレスイヤホンの種類

「ワイヤレスイヤホン」と呼ばれるものは、大きく分けて2つの種類があります。

左右一体型ワイヤレスイヤホン

引用:SONY

左右一体型とは、左右のイヤホン同士がケーブルで繋がっているタイプのBluetoothイヤホンのことです。

コード部分に、通話用のマイクや、音楽の再生/停止操作ができるコントローラーなどが付いているものもあります。

また、リモコン部分にバッテリーを搭載できるため、完全独立型よりも長時間使用できる場合が多いです。

使わないときは耳から外してそのまま首に掛けられるので、紛失のリスクが低いというメリットもある反面、ケーブルがあるので、引っかかったりしてしまう面倒さもあるといえるでしょう。

ケーズデンキ 楽天市場店
¥42,350 (2024/06/07 12:45時点 | 楽天市場調べ)

完全ワイヤレスイヤホン

引用:SONY

完全ワイヤレスイヤホンは、左右のイヤホンを繋ぐケーブルも無く、それぞれのイヤホンが個々に独立しているものをいいます。

一切コードを気にせず使える快適さが最大のメリットですが、小さいので落としたり紛失してしまうことに注意が必要です。

他にも、「フルワイヤレスイヤホン」「左右独立型イヤホン」「トゥルーワイヤレスイヤホン」など、いろいろな呼び名があります。

ほとんどの製品が充電可能なコンパクトケースに収納できるようになっているので、持ち運びに便利です。

アオ

「ワイヤレスイヤホン」と言ったらこちらのタイプをイメージする人が多そうですね。

Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥28,800 (2024/03/28 14:48時点 | 楽天市場調べ)

ワイヤレスイヤホンの選び方

ワイヤレスイヤホンを選ぶポイントには以下のようなものがあります。

  • 音質・コーデック
  • 連続再生時間
  • ノイズキャンセリング・外音取り込み機能
  • 防水・防滴機能

それぞれ順番に見ていきましょう。

音質・コーデック

音楽を聴くことをメインとするイヤホンなら、やはり音質は大事なポイントとなるでしょう。

音質と言っても、正直なところ細かい違いはよくわからないと思ってしまいがちですが、そのひとつの判断基準となるのがコーデックの種類です。

コーデックとは、Bluetoothで音声を送るときに圧縮する方式の名称です。

コーデックにはさまざまな種類があり、再生デバイスによって異なるため、ワイヤレスイヤホンも同じコーデックのモデルのものを選ぶとよりよい音質で聴くことができます。

コーデック名特徴
SBC標準的なコーデック。Bluetooth機器は必ず対応している。
AACSBCより高音質で遅延も少ない。主にiPhoneやiPadに使われている。
aptXSBCやAACよりも遅延が少なく高音質。主にAndroidに使われている。
aptX HDaptXよりもさらに高音質で、「ハイレゾ」音源の再生にも対応。
LDACソニーが開発した高音質コーデック。「ハイレゾ」音源の再生にも対応。
アオ

製品情報欄に特にコーデックの記載がない場合は、ほとんどがSBCとなっています。

連続再生時間

ワイヤレスイヤホンは充電して使う仕様となるため、スマホなどと同様、バッテリーの持ち時間は重要なポイントとなります。

完全ワイヤレスイヤホンは、収納するケース自体にバッテリーを搭載しており、収納している間はイヤホンの充電をすることができます。

ですので、イヤホン本体の持続時間だけでなく、充電ケースと併用で最大何時間使えるのかをチェックするとよいでしょう。

ノイズキャンセリング・外音取り込み機能

音楽や通話に集中したいなら、ノイズキャンセリング機能が役立ちます。

電車の走行音やカフェでの周囲の会話など、イヤホンの外部から入ってくる騒音をカットするので、音量を上げ過ぎなくても音が聞き取りやすくなります。

また逆に、電車でのアナウンスやコンビニでのお会計時などの、外の声を聞き取りたい場面では外音取り込み機能にする、というように切り替えて使用することもできます。

人気モデルに搭載している機能として、周囲の音を遮音するノイズキャンセリング機能と、音楽を再生しつつ、マイクで周囲の音を聴こえるようにする外音取り込み機能がよく使われています。

防水・防滴機能

防水・防滴機能がついていれば、雨の日の通勤や、ジョギング中の汗でイヤホンが濡れても安心して使うことができます。

防水性能は「IPX」という数値で示されていて、数字が大きくなるほど防水性能が高くなります。

IPX4」「IPX5」なら、雨の日に使ったり汗をかいても大丈夫なレベルです。

アオ

プールやお風呂での使用を考えている場合はそれ以上の数値が必要になってくるので、チェックしたほうがよいでしょう。

ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気メーカー

続いて、ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気メーカーをピックアップして紹介します。

  • SONY(ソニー)
  • BOSE(ボーズ)
  • JBL(ジェイビーエル)

それぞれ順番に見ていきましょう。

SONY(ソニー)

SONYはもはや説明する必要のない、日本有数の電機メーカーです。

オーディオメーカーとしても世界的に不動の人気を誇っており、ワイヤレスイヤホンも次々と新商品が誕生しています。

最新鋭の機能と高いクオリティを求める方は検討するのに外せないブランドでしょう。

SONY WF-1000XM4

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を搭載し、前モデルよりもさらなる静寂を感じられるようになっています。

音質に関しても、ソニーの完全ワイヤレスで初めてのハイレゾ音質を実現し、さまざまな圧縮音源もハイレゾ級の高音質で楽しめます。

Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥28,800 (2024/03/28 14:48時点 | 楽天市場調べ)

BOSE(ボーズ)

BOSEは1964年にアメリカで創業した、スピーカー・ヘッドホンなどの音響機器メーカーです。

ノイズキャンセリング機能の先駆者としても知られているBOSEは、深みのある低音を大音量で響かせることができる、重低音の良さが評判です。

世界中で愛用者が多く、ヘッドホン・イヤホンでは定番で人気のメーカーです。

Bose QuietComfort Earbuds

11段階でノイズキャンセリングのレベルを選択できる独自の機能を備えています。

この機能により、周囲の音がまったく聞こえないほどのレベルから、ノイズキャンセリングを最小限に抑えたレベルまで自由に調節でき、まるでイヤホンをつけていないかのように周りの音をクリアに聞くこともできます。

ヤマダ電機 楽天市場店
¥33,660 (2024/06/15 06:18時点 | 楽天市場調べ)

JBL(ジェイビーエル)

JBLとは、1946年に設立された、アメリカに拠点を置く老舗音響メーカーです。

世界有数の高品質スピーカーのブランドとして知られるJBLの製品は、革新的な音響技術で数多くの賞を受賞しています。

多くのコンサートホールやアリーナ、映画館等で活躍し、「JBLサウンド」の代名詞と共に音楽愛好家やプロミュージシャンからの支持を集めています。

JBL TOUR PRO 2

進化したノイズキャンセリング性能と伝説的なJBL Proサウンドを再現するオーディオ体験を味わうことができます。

ユニークなスマートタッチディスプレイ搭載の充電ケースは、イヤホンの設定や再生の管理など、あらゆる操作をケースのみで行うことができて便利です。

アオ

充電ケースにタッチディスプレイがついているというのは、とても斬新でカッコいい!

Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥33,000 (2024/06/15 06:18時点 | 楽天市場調べ)

番外編(Apple)

ワイヤレスイヤホンを一躍世に広めたのが、言わずと知れた、AppleのAir Podsですよね。

ここではあえておすすめには入れなかったのですが、やはりiPhoneユーザーなら外せないと思うので、簡単に紹介します。

Apple AirPods(第3世代)

AirPods 第3世代ではインナーイヤー型の設計が採用されており、装着時の密着感が少なく、疲労感・違和感を感じにくいことが特徴となっています。

最大6時間の連続再生ができるバッテリー性能の高さとあわせて、長時間の作業に適していると言えるでしょう。

アオ

Air Pods Proとの主な違いは、ノイズキャンセリング機能がついていないことです。

楽天モバイル公式 楽天市場店
¥26,800 (2024/06/10 19:06時点 | 楽天市場調べ)

Apple AirPods Pro(第2世代)

第1世代と比べて進化したノイズキャンセリングや外音取り込みモードを備えているのが特徴です。

そのほか、充電ケースにも搭載された防水機能や、S・M・Lに、新たにXSサイズも加わったイヤーチップなど、より快適に使えるように進化した仕様が満載です。

まとめ

今回はワイヤレスイヤホンの特徴や選び方のポイントの解説と、おすすめ人気メーカーを紹介しました。

ワイヤレスイヤホンを日常的に使用する人が増えた今、多くのメーカーが、進化した機能を搭載したさまざまな製品を生み出しています。

人によって優先したいポイントが異なると思いますので、自分の使い方に合った商品を選んでみてくださいね。

アオ

ケーブル付きからワイヤレスに変えたら、想像以上の快適さを手に入れられるかもしれません!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次