【シンプル・軽量・高機能】CIOの充電器おすすめ3選

アオ

CIOの充電器の中から、おすすめをピックアップしました!

今回は、CIOの充電器を検討しているけれど、どれにしたらよいか迷っている方向けに、「CIOの充電器おすすめ3選」を紹介します。

充電器を買おうと考えたとき、Ankerはよく候補に上がってくるメーカーかと思いますが、CIOも同じくらいおすすめできるメーカーです。

今回は、そんなCIOについて、会社の概要と、おすすめの充電器をピックアップしてみました。

目次

CIO(シーアイオー)とはどんな会社?

CIO
引用:CIO
会社名株式会社 CIO
代表取締役中橋 翔大
資本金1000万円
設立2017年1月11日
所在地〒570-0053 大阪府守口市高瀬町1丁目5‐21 2F
事業内容・スマートフォンアクセサリ関連を中心としたデジタル製品の企画・開発・販売
・ECサイト運営(楽天市場/Yahoo!/Amazon/米Amazon)及び卸販売(実店舗)

Ankerを始め、よくAmazonで見かけるガジェットのメーカーは、調べてみると中国の会社であることが多かったりします。

しかし、CIOは2017年に設立された、大阪に拠点を置く日本の株式会社です。

充電器やモバイルバッテリーなどの企画・開発・販売を手がけるCIOは、シンプルなデザインと低価格・高品質で人気が出ているブランドです。

『多機能とテクノロジーで新たな常識を』がコンセプトで、現在は100%自社製品とし、多彩なラインナップを展開しています。

アオ

Ankerと比べるとまだ知名度は低いかもしれないけど、デザインもよくて機能的で、おすすめです!

充電器の選び方

充電器を選ぶポイントには以下のようなものがあります。

  • サイズ・重さはどのくらいか
  • ポート数とコネクタの規格はどうか
  • 急速充電に対応しているか
  • ワイヤレス充電に対応しているか

詳しく知りたい方は

充電器とモバイルバッテリーの違いや、充電器を選ぶときのポイントについては、以下の記事を参考にどうぞ。

CIO(シーアイオー)でおすすめの充電器

CIOでおすすめの充電器には以下のようなものがあります。

  • CIO-PD20W
  • CIO NovaPort DUO 65W
  • CIO-W75W-MAS

それぞれ順番に見ていきましょう。

アオ

CIOの充電器は、コンパクト&シンプルなデザインが人気です。

CIOの充電器/スペック比較表

スクロールできます

CIO-PD20W

CIO NovaPort
DUO 65W

CIO-W75W-MAS
サイズ約28 × 28 × 30mm約52.5×42×29mm約60×8mm
重さ約35g約95g約50g
ポート数USB-C x1 / USB-A x1
又はUSB-C×2
USB-C × 2ワイヤレス
最大出力合計20W合計65W7.5W

CIO-PD20W

まず始めに紹介するのは、2ポートなのに超小型設計の、「CIO-PD20W」です。

公式HPでは「指のりサイズ」と謳われていて、イメージ的には以前iPhoneに付属されていた5Wの充電器や、Ankerの「Anker PowerPort III Nano」と同じサイズです。

厚みを抑えてコンセントに干渉しないように設計されているため、普通の2口コンセントやタコ足コンセントでもスマートに使えます。

超小型設定なのに最大20W出力なので、単体ポート利用なら、iPhoneなどに30分で約50%の急速充電が可能です。

2ポートの組み合わせは2パターン発売されており、USB-CとUSB-Aが1つずつの「CIO-PD20W1C1A」と、USB-Cが2つの「CIO-PD20W2C」があるので、使っている端末に合わせて選ぶことができます。

アオ

500円玉のサイズ感で2ポートとは、、、しびれますね!

SmartPlus(スマートプラス)
¥2,398 (2024/02/27 22:18時点 | 楽天市場調べ)

CIO NovaPort DUO 65W

続いては、65W出力クラスの2ポートで、世界最小クラスの「CIO NovaPort DUO 65W」です。

ガジェットなどのモノを批評する雑誌「MONOQLO」の急速充電器部門でも、ベストバイオブザイヤー2022に選ばれています。

65Wの高出力でありながら、折りたたみ式プラグを採用しており、卵と同じくらいのサイズ感に仕上がっています。

最大65W出力のため、ノートPCやMacbookProなどへも充電ができです。

例えば、スマホ+ノートPCだと45W+20Wになり、ノートPC+ノートPCだと30W+30Wになる、といった具合です。

「Nova Intelligence」という電力自動振り分け機能によって、異なるタイプの端末を同時充電するときも、どのポートに挿しても、デバイスに適した電力を自動で振り分けて充電を行ってくれます。

アオ

2022年度のグッドデザイン賞とレッドドットデザイン賞をダブル受賞したデザイン性!

NovaPortシリーズの特徴

このNovaPortシリーズの充電器は、ポート数と出力ワット数により、さまざまなタイプが販売されています。

ポート数は1〜4、出力ワット数は30・45・65・100Wとラインナップがあるので、使い方に合った組み合わせのものを選ぶとよいですね。

NovaPortシリーズ共通の特徴
  • GaN(窒化ガリウム)テクノロジーを採用し、極限まで小型化しつつ、発熱を抑える仕様
  • 表面素材にザラザラとしたシボ加工を施してあり、傷が付きにくいデザイン
  • ホワイトとブラックのカラー展開
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥4,378 (2024/05/13 04:44時点 | 楽天市場調べ)
CIO 楽天市場店
¥5,478 (2024/04/05 12:08時点 | 楽天市場調べ)

CIO-W75W-MAS

最後に紹介するのは、マグネット式のワイヤレス充電ができる「CIO-W75W-MAS(ハイブリッドワイヤレス充電器)」です。

充電器にスタンドも内蔵されているので、動画を見ながら充電したりすることができます。

アオ

スタンドが金属加工になっていて、無段階で角度を調節できるというのが、けっこう嬉しい。

iPhone 12シリーズ以降に搭載されている、マグネットでピタッとくっついて充電ができる「MagSafe」に対応しており、ケーブルがいらずに充電ができます。

AppleWatchとiPhoneの両方に使える

また、名前にも「ハイブリット」とあるように、2Way充電に対応しており、以下のように記されています。

従来であれば別々の規格であるAppleWatch(アップルウォッチ)とiPhoneへのワイヤレス充電規格をCIOの革新的なテクノロジーにより1つにまとめることに成功。今までにない新たな充電器がここに誕生しました。

CIO公式HP

このように、AppleWatchには専用の充電器を用意する場合が多かったので、Appleユーザーにはとても便利な商品となっています。

CIO 楽天市場店
¥2,780 (2024/04/26 14:07時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

今回はCIOという会社についての概要と、おすすめの充電器をピックアップして紹介しました。

CIOは、シンプルでスタイリッシュなデザインで人気を得ている、日本のブランドです。

充電器も、ポート数や出力ワット数など、さまざまなパターンのものが販売されているので、自分に合った商品を見つけてみてくださいね。

アオ

高品質なので長く使える商品になると思います!

スクロールできます

CIO-PD20W

CIO NovaPort
DUO 65W

CIO-W75W-MAS
サイズ約28 × 28 × 30mm約52.5×42×29mm約60×8mm
重さ約35g約95g約50g
ポート数USB-C x1 / USB-A x1
又はUSB-C×2
USB-C × 2ワイヤレス
最大出力合計20W合計65W7.5W

この記事で紹介した商品はコチラ

SmartPlus(スマートプラス)
¥2,398 (2024/02/27 22:18時点 | 楽天市場調べ)
CIO 楽天市場店
¥5,478 (2024/04/05 12:08時点 | 楽天市場調べ)
CIO 楽天市場店
¥2,780 (2024/04/26 14:07時点 | 楽天市場調べ)

こちらの記事もオススメ

CIOのモバイルバッテリーのおすすめは、こちらの記事で紹介しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次